スノボーも板選びが大切

日本の中にもたくさんのスノボー板ブランドがあります。
ウィンタースポーツに疎い人は理解していませんが、日本国内、国外をあわせるとなんと100社以上のブランドがあるといいますので、市場に出回っているスノボー板にも色々なものがあるのがうなずけます。

スノボーもスキーもそうですが、カラフルでデザインがユニークなものも多く、どんな板を買おうか迷ってしまう事が多いです。
特にスノボーは面が広いので描かれている文字や絵が引き立つという特徴があります。
形から入る・・・という人はまずデザインやカラーに目が行ってしまいがちですが、スノボーも自分に合った物、レベルにあった板を選ぶことが非常に大切な要素です。

スノボー初乗りの日から他の人と比較してもうまく滑る事が出来た友人が、なかなか上達せず、他のメンバーに抜かれていく・・・とぼやいていた時、スノボー上級者が「板があってないんじゃないか」と助言してくれたことがありました。
スノボーの板には、アルペンスタイルとフリースタイルがあり、その中でも長さや重さ、堅さなどがあります。

どんなふうに滑りたいのか、どのくらいのレベルなのかによって重さや長さ、堅さをしっかり選ぶと出来なかった技がすんなり出来る事もあるといいます。
確かに友人はスノボーを3回位経験してすぐにデザインだけを見て購入したので、自分にあっているボードという事ではなかったのでしょう。

上達を左右する事も多いスノボー板の選び方、当サイトで基本を死っていってもらえたら幸いです。



◎特選外部サイト
スノボー板のレンタルも行っているので参加しやすい日帰りスノボーツアーです ⇒⇒⇒ スノボーツアー 日帰り

Copyright © 2014 スノボー板選びのコツ All Rights Reserved.